アレルギーは「腎虚」、対策は腸を強くすること

花粉症

東洋医学では3大アレルギー(気管支ぜんそく、アトピー、花粉症)は「腎虚」と見立てます。

腎虚だと「脾」が弱ります。

「脾」とは腸のこと。

だから、花粉症の人はヨーグルトを食べると言い、という話があるわけです。

花粉症の薬は「抗ヒスタミン剤」が多く、

ヒスタミンは覚醒物質でもあるので、

それが抑えられると眠くなります。

その他、薬は基本的に副作用がありますので、

できれば薬に頼りたくないですよね。

ヨーグルトをたくさん食べられればいいのですが、

それも難しいですよね。

そこでおすすめなのが乳酸菌のサプリメント。

こちらの「ライラック乳酸菌」初回980円(税抜)&送料0円

今なら4200円が980円です。

私も使っています。

 



 

 

 




クライミング肘_40代に多い肘の外側の痛み

肘痛

筋、腱の損傷

肘の内側側副靱帯損傷

人体は骨と骨をつなぎとめているベルトです。

肘の内側にあるのが内側側副靱帯で、前斜走繊維、後斜走繊維、横走繊維と三角形をつくる。

内側側副靱帯損傷は、1回の外力で起こるものと繰り返しにより発生するものとある。

発生機序:

投球、バレーボールのスパイクなどで痛めることが多い。

クライミングのスローパーを繰り返し取りに行ったとき痛めることがある。

症状:

局所の圧痛、疼痛、腫脹。痛みにより肘関節を完全伸展・屈曲することができない。

野球、バレーボール、クライミングで発症した場合、中高生では徐々に痛みが出てくる。長期間競技をやっている人は急に激痛と共に発症することがある。

治療法:

アイシング。安静。重傷なものは固定する。

スポーツ復帰の目安

疼痛が消失してから

復帰時もテーピングをすること

野球肘

分類:

・内側型

・外側型

・後方型

・内側型

内側型が大部分でコッキング期から加速器にかけて肘にかかる強い外販力に対して前腕回内屈筋群が強く収縮し、また足幅靱帯により強い引っ張りのストレスが肘内側部にかかり発生する。

・外側型

外側型は少ないが、加速器からフォロースルー期にかけて肘に強い外販力がかかり、結果、上腕骨消灯と橈骨頭間に過度の圧迫力がかかり発生する。

・後方型

フォロースルー期のボールリリース後は、中間説は過伸展となり、肘頭と上腕骨肘頭カ間にインピンジメント(衝突)が発生する。

症状:

・内側型

内側上果部の疼痛、腫脹、圧痛、軽度の肘伸展障害、投球動作時に疼痛あり、内側上顆炎、内側上果裂離骨折、前腕回内屈筋群・内側側副靱帯損傷やその引っ張りによる裂離骨折などが考えられる(成長期の場合は、骨端核の肥大、分節化、骨端線離開)。

将来的に肘関節の不安定症や遅発性尺骨神経麻痺(肘部管症候群を含む)の発生もある。

内側上顆炎の場合、日常生活においてものを持ち上げたり力を入れる動作で疼痛の増強を訴える。

・外側型

強い圧迫力が加えられた結果、上腕骨小頭の離断性骨軟骨炎を発症する。

初期では投球時に外側部の疼痛はないが、関節有利体(関節ネズミ)を生じ、

関節内にロックすると突然発症する。

将来的に変形性関節症に至ることもある。

・後方型

肘頭と上腕骨肘頭窩間でのインピンジメント(衝突)の結果、成長期では、肘頭部骨端軟骨の成長障害、

成人では肘頭の疲労骨折や上腕三頭筋の炎症などが発生する。

治療法:

発育期におけるものは競技を中止する。

対策:

オーバーユース(使いすぎ)に気をつける

テニス肘

クライミング肘

外側上顆炎のこと

退行性変性(老化現象)が背景にあり、

繰り返し、テニスのバックハンドやクライミングのピンチやスローパー課題に挑戦していると発症する。

症状:風呂桶でお湯をくむ、フライパンを持つ、ドアノブを回す、瓶のふたを開けるなどの動作で痛む。

もちろん、ピンチやスローパーは痛い。

肘の外側が痛む。

治療法:使わずに安静にするのが一番

どうしても登りたくなったらテーピングを肘から5センチ手首よりに一周まくとよい。

ここに支点ができるので、直接外側上果に付着している筋肉の引っ張りを受けなくなる。

ピンチ、スローパー以外のホールドで痛みがないか試してみる。

 

 

 




肘痛_筋・腱の損傷

肘痛

筋、腱の損傷

肘の内側側副靱帯損傷

人体は骨と骨をつなぎとめているベルトです。

肘の内側にあるのが内側側副靱帯で、前斜走繊維、後斜走繊維、横走繊維と三角形をつくる。

内側側副靱帯損傷は、1回の外力で起こるものと繰り返しにより発生するものとある。

発生機序:

投球、バレーボールのスパイクなどで痛めることが多い。

クライミングのスローパーを繰り返し取りに行ったとき痛めることがある。

症状:

局所の圧痛、疼痛、腫脹。痛みにより肘関節を完全伸展・屈曲することができない。

野球、バレーボール、クライミングで発症した場合、中高生では徐々に痛みが出てくる。長期間競技をやっている人は急に激痛と共に発症することがある。

治療法:

アイシング。安静。重傷なものは固定する。

スポーツ復帰の目安

疼痛が消失してから

復帰時もテーピングをすること

 

 




クライマー肘_肘の外側が痛くなる外側上顆炎

外側上顆炎

昨日、クライマーの知り合いと話をしていたら、肘の外側が痛くなって、ここ1ヶ月クライミングを休んで安静にしているとのこと。

症状は、お風呂の桶でお湯をくむ動作やフライパンを持つ動作で痛むとのことです。

典型的な外側上顆炎の症状ですね。

外側上顆炎とは、指や手首を手の甲の方に動かす筋肉(伸展という)が付着している肘の外側の出っ張り(上腕骨外側上顆という場所)が炎症を起こして痛むというものです。

ジャムのふたを開ける動作、フライパンを持つ動作、ドアノブをひねる動作などで痛みます。

クライミングだとピンチホールドなどで傷みます。

外側上顆炎はテニス肘とも言われ、テニスのバックハンドで痛めてしまうことから「バックハンドエルボー」とも言います。

背景に「老化現象」があるので、

老化現象なんて言葉を聞くと

とても悲しくなる障害です。

安静にするのが一番なので、クライミングは

休んでください。

その間に体幹を鍛えましょう。

また、日常生活で痛みを誘発する動作も避けてください。

どうしても腕を使わなければならないときは、

テニスエルボーバンドが有効です。

ただし、このバンドはつける位置が重要です。

痛い場所(外側上顆という出っ張り)につけるのではなく、そのちょっと下に巻きます。

肘よりも下につけることで、筋肉の張力で直接引っ張られるのを防ぎます。支点を作る役割です。

テニスエルボーバンドの説明書をよく読み、つける位置を間違わないようにしてください。

 

ザムスト(ZAMST) ひじ用サポーター エルボーバンド Mサイズ 374702

 


 

 

 




秋保(あきう)でノルディックウォーキング

山スキーの時はいつもストックをついて歩くが、夏山ではストックを「使わない派」の私。

しかし、今回、ノルディックウォーキングのポールを試してみたく、ネットで調べたら秋保里センター(外部リンク)でノルディックウォーキングのポールをお借りできるとのこと。さっそく里センターへ。

お伺いしたらポールの在庫は一組だけとのこと。今後も増やす予定はないそうだ。

ノルディックウォーキングの特徴は、腕を後ろに振った際にストックを後方へ投げ出すようにして、ポールの先端で地面を蹴って推進力に変える。そのために先端のゴムが斜めにカットされている。その斜めの形状はストックをかなり後方までつくことができ、体を前に押し出しやすくしている。また、ストラップが手にフィットしやすくなっており、腕を後ろに振った際にストックを後方に投げ出しやすくしている。

どちらも正しいフォームには欠かせない。

ただしそれは、平坦なところを歩くときのフォームだ。急な斜面や今回のウォーキングのように雪が積もっていては後ろに大きくポールを降り出しにくい。先端がゴムなので雪で滑ってしまう。やはり、雪ではスキーのストックのような石突(ストックの先端を「いしづき」という)がよろしい。ゴムキャップは不要。

■秋保工芸の里とは

さて今回の散策だが、秋保にも雪が積もっている。それを狙ってやってきたのだから当然だ。いつものスキーで使っているストックを用意していったが、せっかくだからノルディックウォーキングのポールもお借りした。しかし前述したように雪では不向きだが、スキー用のストックに比べ非常に軽いのでよかった。

コースは秋保工芸の里(外部リンク)を周遊できるコース。「秋保工芸の里とは」(外部リンク)以下にHPから引用させていただく。

秋保の自然と共に吸収し、同じ鳥の声で目覚め、暮れなずむ陽を見送る。そうして9つの工芸「家」たちはこの里で暮らしながら、それぞれの「手しごと」に打ち込み本物を創り続けている。

伝統を伝えるだけでなく、暮らしの中に生きてゆく美しさを追求することによって、風土と人と作品との新鮮な出会いが生まれる。静かだけれど、内に秘めた情熱がふつふつと感じられる「手しごと」の競演が、この里で繰り返されている。

■散策路について

山に囲まれた「整地されたエリア」に家がぐるりと建ち並んでいる。

その外輪山を散策路が整備されている。

コース途中には四阿(あずまや)もあり、木が伐採されて切り開かれ、仙台の奥座敷「秋保」が一望できる。登ってきた道を振り返れば秋保工芸の里の民家の煙突からのぼる薪ストーブの煙が生活の暖かさを感じさせてくれます。

■贅沢にも貸し切り

こんな好条件のコース・エリアなのに、なんと「貸し切り」だった。

東北のトレッキングコースを訪ねるとたいてい「貸し切り」だが、時々訪ねる関東の山と比較して、関東の場合「冬山」なのに山頂に50人くらいの人がいたりして驚かされる。東北ではあり得ない光景である。山で出会う人が少ないからだ。

静かな山に登りたいなら東北の山がいいだろう。おすすめである。

中でもこの秋保エリアは里山なので特別な登山技術も必要なく、手軽に楽しめるので、初診者や体力のない方にもおすすめである。

ノルディックウォーキングポールの貸し出しも行っているので、試してみるのもいい。

 

 

 



 

 




クライマーに多い腰椎椎間板ヘルニア

ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア

[概要]

背骨は椎骨という骨が積み木のように積み重なっています。その、積み木と積み木の間には椎間板というクッションが挟まっています。このクッションの中にはクッション剤が入っているのですが、これが外に飛び出したり、飛び出さないまでも内側から盛り上がって、椎間板の外にある足へと伸びる神経を圧迫してしまって、足が痛くなる(坐骨神経痛)ものが「腰椎椎間板ヘルニア」です。

[症状・鑑別]

前屈で足の裏やおしりを伸ばすと足にかけてしびれや痛みが放散する場合、坐骨神経痛の疑いがあります。
「単純に筋肉が固く伸ばせない」というの違います。
通常の腰痛よりも痛みが長く続いてしまうと言うのも見分け方の一つです。

[予後・期間]

ヘルニアは普通の腰痛よりも治るまでに時間がかかります。
期間は数ヶ月から数年、長くてお5年以内には治ります。

しかし、ヘルニアが治っても変形性腰椎症など別の腰の病気に移行することがよくあります。ですから、腰痛は相変わらず治りません。

腰痛持ちはいつまでも腰痛持ちと言うことですね。
ですから腰痛にならない予防と、もしなってしまったらケアが必要です。

[スポーツ復帰の目安]

しばらく激しい動きは中止して、痛みが起きない範囲で体を動かしてください。ウォーキングやサイクリング、水泳など、痛みが出ないか試しながら行ってください。
安静にしすぎると必要な筋力まで低下させてしまいますので、ただ安静にしていればいいと言うことでもありません。
様子を見ながら運動することが、筋力を落とさない秘訣です。

[よくある質問]

「よく坐骨神経痛になった」「坐骨神経痛だと言われた」という話を聞きます。

そこで、「腰椎椎間板ヘルニア」は「坐骨神経痛」という症状を伴います。
「腰椎椎間板ヘルニア」は病名で、「坐骨神経痛」は症状です。
「風邪」が病名で、「せき」が症状です。
「せき」を伴う病気に「結核」や「気管支ぜんそく」があるのと同じように「せき」は風邪以外でも出ます。
それと同じで、「坐骨神経痛」を伴う疾患に、「腰椎分離すべり症」「脊柱管狭窄症」などもありますが、「腰椎椎間板ヘルニア」は若年者に多く、「脊柱管狭窄症」は年配の方に多い疾患ですので、そこが鑑別の目安になります。

 


SLR陽性:SLRとは仰向けに寝て、しびれている側の足を、膝を曲げずに上げていくテストである。

これで、坐骨神経痛の有無をみる。

坐骨神経痛の場合、ももの裏側に症状が出てしまい30度くらいしか上げることができない。

 

 

坐骨神経痛の人はももの裏を伸ばすストレッチはあまり良くない

腰痛にストレッチは有効だが、1つだけやらない方がいいものがある。

それは、坐骨神経痛の人はももの裏側を伸ばしすぎないこと。

やるなら徐々に、無理をせずにやることが肝心だ。無理すると坐骨神経痛を悪化させる。

気をつけてストレッチするように。

 

 

 




登山で多い足の付け根の痛みはもしかしたらグロインペイン症候群

そけい部痛症候群(グロインペイン症候群)

スポーツ選手、特にサッカーやラグビー選手にそけい部周辺を中心とした不定愁訴を訴えることがあります。サッカーやラグビーと書きましたが、登山に多いです。私も夏の縦走に、重登山靴を履いて歩いて痛くなって以来、軽い靴にしています。

初期では日常生活に大きな影響を及ぼすほどではなかった痛みが次第に慢性化し、悪化してくると、日常生活動作では起き上がり動作やくしゃみ、靴下を履くときに痛むという訴えもあります。スポーツ動作では奪取やキックなどで強い痛みを生じるようになります。

股関節を前に屈曲したときと、横から回すようにしたときでは、痛みの場所が変わることもあります。

素因としてはそけいヘルニア、内転筋や腹直筋の起始部縁があると言われています。

自発痛は症例により様々であるが、そけい部、内転筋起始部に痛みを訴える例が最も多く、下腹部や睾丸後方にもみられることがあります。

治療

スポーツ活動の中止

[手術]

内転筋・腹直筋腱起始部切離術、そけい管壁補強修復術などが行われているようです。

 

 



 

 




けが予防と疲労回復に効果があるアイシング

クライミング後に前腕と手や指をアイシングすることは疲労の早期回復とスポーツ障害を予防します。
クライミングにおけるスポーツ障害は、外側上顆炎や内側上顆炎といった肘の痛みやパキリといった指のけがが代表的。
クライミングによる腱や筋肉のほてり(熱感)を取り除き、炎症を押さえます。
また、前腕の筋肉を冷やすことでアイスバス効果が得られます。

[アイスバス]

運動後のほてった体を水風呂に入ることで、疲労回復と炎症予防になります。
理由は、冷やすことで血管が縮んで、水から上がった後は逆に血管が拡張し、血行がよくなることで老廃物を押し流します。これにより、何もしないときよりも早く疲労物質が取り除かれます。

 

このように、水または水に氷を入れて前腕部を浸す。体ごとは入れる「バス」があれば体半分を浸ける。家なら水風呂に入れますね。

 

 



 

 




登山について

1 登山

「趣味は登山」と認識するようになって16年が経ちました。生まれが群馬県の山の方だから遊び場が山でした。東京の学校に進学し、そこでのアルバイト先の先輩に山好きがいて、その方に八ヶ岳に連れて行ってもらい、赤岳の山頂の石に座って下を見たときの高度感には驚きました。実家の裏山よりも高い山に登ったのはこれが初めてでした。それから大好きな宮沢賢治の住んでいた東北に何となくあこがれをもっていたという理由だけで、同級生の「一緒に開業しないか」という誘いに乗り東北に移り住みました。この頃、お客様からの誘いで、山に連れて行ってもらったのをきっかけに、日帰りで行ける山に登るようになりました。「趣味は登山」と認識するようになったのは東北に移り住んだこの頃からです。そのときから紆余曲折を経ながら16年続けています。

登山と言ってもいろいろありますね。私は広い意味で「山旅」が好きで、沢登り、クライミング、山スキー、ハイキング、バックパッキングのようなものも含めた登山が好きです。東北は、たおやかな女性的な山が多いので、のんびりと「山旅」を楽しむには適しています。滝の少ないナメの沢をゆっくりのんびり「山旅」を楽しむのもよし、挑戦的なマルチピッチをクライミングするのもそれもまたよし。しかし、私のクライミングレベルでは高難度のルートに挑戦できませんので、そこそこのルートを楽しむ程度ですが。

2 沢登り

登山を総合的、全体的に考えれば「沢登り」も特別な“登山”ではありませんが、周りの登山愛好家をみてみれば、「沢登り」というジャンルをしている人は少ないように感じる。手軽な登り方は登山道をたどり山頂を目指す登り方だし、クライミングジムの仲間を見回しても、外岩のルートやボルダーをやる人はいても「沢登り」をやっている人は少ない。

「沢登り」は沢をたどって登るという意味では登山ですし、夏道(沢をやる人や雪山をやる人は登山道のことを“夏道”という)だって、時には沢ルートも出てくるから、「沢登り」だけが特別なものとは思えないのですが、沢登りには1つのジャンルを築くだけの深みと面白さがそこにはある。

2−1 沢登りの特長1

濡れる

沢の中に入って歩くので、膝から下、時には泳ぐこともあり、全身が濡れることもある。

2−2 沢登の特長2

2−2−1 靴

沢の中を歩くことを前提とした専用の沢靴を履きます。登山靴で使われている素材よりは水に濡れた石でも滑りにくいソールを用いています。フエルト素材とゴム素材のものがあって、フエルトとラバーソールでは特性が異なり、注意すべき点が違うので、自然と歩き方や足の置き方等が変わります。私は15年くらい前からラバーソールを使っていますので、もうそれに慣れてしまいました。ラバーソールは、乾いた岩も濡れた岩もどちらも得意なので、私は「水陸両用」と呼んでいます。普通の登山靴として使ってもいいくらいだとさえ考えていますが、誰もそうしている人はいません。フエルト靴の方はソールがブロックパターンになっていないため、下りの登山道が弱点なので、登山靴をもって上がり、下りはそれに履き替える人も多い。そこへいくとラバーソールはそれ1つでことが足りてしまうので荷物を減らせます。

2−3 沢登の特長3

滝が出てくれば登らなければなりませんので、クライミング的要素が入ってきます。

クライミングの難易度は

夏道を歩く < 沢登り < クライミング

というのが一般的に考えられるグレードです。

2−4 沢登の特長4

クライミング要素があると言うことは、ロープワークがあります。

しかしこれも

沢登り < クライミング

という構図になっています。

2−5 沢登の特長5

地図読みとルートファインディング

夏道のように既存の道をたどるわけではありませんから読図が必要になってきます。

もちろん、管理された登山道ではありませんので、それに伴った危機管理等が必要です。

それらのことから、普通の登山と比べると多少、敷居が高いと言えるのでしょう。

3 クライミング

わざわざ「沢登り」や「クライミング」とジャンルわけする必要もなさそうなのですが、沢登り歴15年で“少しは登れるだろう”と挑戦したクライミングで面食らった経験が私にはあります。

沢登りで登る滝とクライミングで登る岩壁では、難易度が全く違いました。もちろんクライミングの方が求められる技術も上になります。

クライミングジム、それから、外岩だけど整備されたクライミングエリアでは沢登りやこのあと説明するアルパインクライミングよりは”ある程度”安全が確保されています。(もちろん自然の岩なので危険はいっぱいです)

4 アルパインクライミング

スポーツクライミングの多くがシングルピッチであるのに対してアルパインクライミングはマルチピッチです。スポーツクライミングはある程度管理された岩場で行うクライミングであるのに対して、アルパインクライミングは自然のあるがままの岩に最小限の「アンカー」と呼ばれるプロテクションがあるルートを上るクライミングを言います。

 

 

 



 

 

 




久々にG山に山スキーに行きました

春からジムでのクライミングが主だったので、持久力が落ちていました。二年前だったら夏の間に沢登りをしていたので、ある程度持久力トレーニングがなされていたのですが、ここ二年はクライミング中心なので、岩場までのアプローチで30分程度歩くだけ。これでは持久力は落ちますね。

S温泉からリフト終点まで道路をたどって3時間くらい歩いただけで、息は上がるし、一緒に行ったメンバーには引き離されるし、おまけに、メンバーは一本滑ったあと登り返していました。体力の違いを見せつけられてしまいました。なさけない・・・

しかし、モチベーションを上げるには十分でした。今後は、ライフワークにしている「勉強」時間を確保しつつ、そのほかの時間はトレーニングに励みたいと思います。

それでは、持久力トレーニングについて書きます。

ウォーキング

ウォーキングは、持久力向上のトレーニングとしては最も手軽に行えるものです。体への衝撃や負担が少なく、けがの危険性も少く、道具もいらないので手軽に行えるのでおすすめです。しかし日頃行っている「歩く」という動作を、「ウォーキング」という持久力向上のトレーニングにするためには、若干強度を上げる必要があります。

運動強度

できれば坂道で1時間歩く必要があります。小高い丘や山がおすすめですが、なければ、スロープや階段がおすすめです。買い物に出かけたついでに、デパートの階段を利用するのもよいでしょう。

息が上がってくると立ち止まりたくなりますが、そこを「あとちょっと」続けて、ペースを守って歩きましょう。日数を重ねるとやがて持久力がついてきて、だんだん息が上がりにくくなります。

ジョギング

ウォーキングよりも若干ペースを上げたスロージョギングがおすすめです。

運動強度はウォーキングに準じます。

これを行い、持久力をつけたいと思います。一番のトレーニングは山に通うことか?